前橋市観光ガイド

御案内 歴史散策 博物館 自然散策 その他
前橋城址
大室公園
大胡城址
大胡神社
櫃石
阿久沢家住宅
赤城神社
滝沢不動堂
膳城跡
大室古墳群
水道タンクと資料館
総社資料館
粕川歴史民俗資料館
前橋市粕川出土文化財管理センター
大室公園民家園
前橋市蚕糸記念館
文化施設 臨江閣
不動大滝
赤城南面千本桜
嶺公園
大胡ぐりーんふらわー牧場
敷島公園
ばら園
広瀬川河畔緑地
前橋物産館「広瀬川」
馬場川遊歩道公園
中央児童遊園
前橋公園
ケヤキ並木

前橋市観光ガイド

 古くは厩橋と呼ばれました。戦国時代、上杉・武田等の攻撃の的となり、1567年の戦いでは、武田・北条氏のために、当時繁栄していた天川原、六供方面の町並みが焼き払われ、街の中心は旧利根川の河原であった低地に移ります。

 徳川時代になると、酒井氏が川越から移り、9代150年の長きにわたって城主となり、松平氏に代わりますが、利根川の洪水による城地決壊のため、19年で川越に移城します。このため街は衰微の極に達し、城の再築を願って街の復興を図り、1867年に再度松平氏を前橋に迎えますが、明治維新となりました。

 明治時代には製糸業で栄え戦後は工場誘致を積極的に行い、同時に区画整理を推進しました。関東平野の赤城山南麓に位置します。市内には利根川が流れます。伏流水による水質の良さで知られ、中心部で供給される水道水は、その地下水です。又、全国の都道府県庁所在地では海から最も遠いです。幹線から外れているため、隣の高崎市の高崎駅が前橋市への中継点の役割を果たしています。

 内陸性気候で年間の平均気温は13〜14度。寒暖の差が烈しいです。冬は北西の冷たい季節風が激しく吹きますが、湿気は群馬県と新潟県・長野県に跨る山岳部の北東側に降雪してしまうため乾燥しています。この地方では冬の北西からの季節風を「上州のからっ風」と呼びますが、この乾燥した強い季節風の影響で晴天が多いです。夏は内陸部に位置するため地表が温まりやすく、熊谷(埼玉県北部)などと並び、関東地方の中では特に暑さが烈しいです。2001年7月24日に気象庁管区での最高気温の記録としては第5位となる40.0℃を記録しました。更に、この高温のため雷が多い事でも有名です。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
前橋市観光ガイドのトップへ戻るサイトマップリンク



浅間高原ウインターフェスティバル