中之条町観光ガイド

御案内 観光 自然 温泉 食事・特産
中之条町

■中之条森林公園ふれあいの森
■伊参スタジオ公園
■中之条町歴史民俗資料館
■日向見薬師堂(国重文)
■冨沢家住宅(国重文)
■白久保のお茶講
■積善館
■桃瀬の水牢
■四万の甌穴(おうけつ)
■小泉の滝
■摩耶の滝
■小倉の滝
■有笠山
■暮坂峠
■赤沢ハイキングと稲包山
■四万温泉
■沢渡温泉
■大塚温泉
■たんげ温泉
■有笠温泉
■四万湖
■奥四万湖

中之条町

 中之条町は群馬県の北西部に位置しており、北は新潟県に接する県境の町です。森林が面積の約8割を占めていますが、盆地、河岸段丘、丘陵地などがみられ、変化に富んでいます。気候は、山間地で標高差があるため、地域的な格差はありますが、山に囲まれた盆地状の地形であるため、内陸性気候となっています。山林が広く平坦地が少ない本町にあって、南部は比較的平坦で古くから市街地が形成されるなど、町だけでなく吾妻郡の政治、経済、文化、交通の中心として発展してきました。北部は、風光明媚な三国山系の高峰がそびえており、上信越高原国立公園に指定されています。

 交通は、JR吾妻線や国道145号及び353号、主要地方道など吾妻郡の大動脈が走っており、首都圏まで150kmの本町は、鉄道では特急で2時間10分、道路では関越自動車道を利用して3時間の位置にあります。

 産業は、米、こんにゃく、野菜、果樹など色々な農産物が生産される農業、広大な山林を基盤とする林業、郡内一円を商圏としている商業、製糸や製材から電気機器製造へと主業種が移行している工業、四万・沢渡などの温泉や平成8年にオープンした薬王園などを拠点とする観光業が、主要産業として営まれています。
古い情報もございますので、必ず最新情報を確認するようにしてください。
トップへ戻るサイトマップリンク北軽井沢観光ガイド




浅間高原ウインターフェスティバル